その他

【2022最新版】育児トレンドをおさえる!ママお役立ち最新トレンド情報9選

日々目まぐるしく変わる世の中。

「育児の最新トレンドってどうなってるの?」

「今ってどんなファッションやグッズが人気なの?」

「世の中のママはどこで情報を仕入れているの?」

それを知るためには、育児の「トレンド」を掴んでおくことが大切です。

今回は、ママたちがいま関心を寄せる「情報源」、「インフルエンサー」、「グッズ」の3つのトレンドをご紹介していきます!

育児トレンドとは?育児を取り巻く時代の変遷

ママを取り巻く育児の環境も、時代とともに変化してきました。

しかしどんな時代のママでも、共通して持っている願いがあります。

それは、

「ママでもスタイリッシュなファッションに身を包み、最新の技術、情報を利用した、便利で楽しい育児ライフを送りたい!」

ということ。

そして今は、ママであっても、また主婦であっても、広く世界中の情報に触れ、スマホひとつでアイテムを仕入れることができる時代です。

そんなママを取り巻く環境の変化が、ママたちの本来持つ願いを後押ししているとも言えますね。

今の世の中、ママたちは何を考え、何を癒しとし、またどんな便利グッズやファッションアイテムを揃えているのか?

家事や育児を少しでもラクに、楽しくするにはどんな情報を仕入れたらいいのか?

それを理解するために、育児を取り巻く「トレンド」、つまり世の中の動向を知ることが重要なんですね。

トレンドを掴む!人気の育児系情報誌

トレンドは刻一刻と変わっていくもの。乗り遅れないためには、情報収集が欠かせません。

しかし、雑多な情報の中、精度の高いものを集めるのはすごく時間がかかることです。

忙しいママがタイムリーな情報を効率良く仕入れるには、やはり雑誌が最適でしょう。

今をときめくママに人気の必読育児系雑誌を、まずはご紹介します!

mamagirl (ママガール)

引用元:zassi.jp

ママだっていつまでも女の子。

そんなママの気持ちを大切にしてくれるファッション誌です。

UNIQLOやGUなど、一般的なママが普通に手に入れることが出来る大衆的なブランドのアイテムを使ったコーディネートなど、

まさに欲しかった!という情報が満載。

またママ専門誌だけあって、親子コーデ情報も外しません。

ママだけでなく親子でファッションを楽しめるのが魅力ですね。

ママだってファッション誌を読んで、最先端のオシャレを楽しみましょう!

ひよこクラブ

引用元:Benesse たまひよ公式

妊娠中「たまごクラブ」を購読していたママも多いのではないでしょうか。

こちらはたまごクラブと同じくBenesseが出版する、育児雑誌の鉄板中の鉄板。

これが置かれていない本屋は無いのではないかと思わせるほど、両誌とも日本中のママ・プレママに絶大な人気を誇ります。

幼児教育・児童教材を扱うBenesseが発行元なのも安心ですね。

雑誌コーナーでよく見るスタンダードな月刊ひよこクラブの他に、

季節ごとに発行される「初めてのひよこクラブ」、「中期のひよこクラブ」、「後期のひよこクラブ」があり、

子供の月齢に合わせたタイムリーな情報を得ることが出来るのも同志の魅力です。

それぞれのタイミングに必要なモノ、コト、そして知識がぎゅっと詰まった、ママの必読所と言えるでしょう!

Kodomoe (コドモエ)

引用元:Kodomoe公式

こちらは子供との充実した時間を過ごすことにやや特化した雑誌。

毎号なんと2冊の絵本が付いており、絵本についても詳しく解説されています。

絵本と並んで特徴的なのが、簡単でおいしい料理のレシピを数多く紹介しているところ。

おいしい時短レシピは食卓を充実させるだけでなく、子供との時間の確保にも役立ってくれます。

「ラクすることは良いことだ」という現代の価値観にぴったりと寄り添ってくれるコンセプトに、ほっとしますね。

親子で一緒に楽しく優雅なライフスタイルを目指したいママには最適と言えるでしょう。

最新トレンドを牽引するママインフルエンサー

各分野でインフルエンサーとしてママから絶大な支持を集めているキーパーソンをご紹介します。

タレントから一般のママまで、SNSなどでいま人気を集めているのはどんな人なのでしょうか?

人気インフルエンサーの発信する情報に触れることで、今のママたちはどんなことに関心を持っているのか、そのトレンドを掴むこともできます。

ママYoutuber再生回数ランキング1位 ぽるぽるファミリー

無数に存在するともいえるママ系、ファミリー系Youtuber。

今その中で随一の人気を誇っているのが、「ぽるぽるファミリー」。

現在アメリカ在住で子育てに奮闘するほのぼの一家の「ほぼホームビデオ(本人談)」です。

独特のキャラクターがクセになる4歳の「ぽるぽるちゃん」を主役として、妹の「みゆちゃん」やご両親も出演。

特に変わった企画をするわけでもないこのホームビデオのような映像に、日本中が癒されています。

コロナ渦で「日常」の価値を見つめ直す機会の多い昨今。

そんな飾らない日常だからこそ、日々の当たり前の瞬間がとても価値あるものだと思わされるチャンネルですよ。

ママインスタグラマーフォロワーランキング1位 mtmmaki

 

この投稿をInstagramで見る

 

maki(@mtmmaki)がシェアした投稿

ママでありながら最新のトレンドを取り入れたオシャレを発信し続けるmtmmakiさん。

とても子育て中とは思えないほど垢抜けた自由なファッションは、多くのママの憧れの的となっています。

10代や20代のインフルエンサーが身に着けているようなビビットでハードルの高いアイテムはほとんど登場しない、キレイめなスッキリとしたファッションが特徴的。

ママということを抜きにしても、大人の女性が目指すべきスタイルのひとつの正解が示されているようにも見えますね。

ママになってもオシャレなのは当たり前という時代。

その中でも最も注目を集めるカリスマがどんなアイテムを身に着けているのか、必見です。

時折登場する息子さんのファッションも、非常に魅力的ですよ。

今最も共感を呼ぶママタレント ベッキー

毎年日本を代表する人気子育て雑誌4誌が協同で発表する「ペアレンティングアワード」。

その最新である第14回のママ部門を、タレントのベッキーさんが受賞しました。

コロナ禍で第2子を出産した共働きママのベッキーさん。「弱音を吐いて助けを求める」「子育て中はキラキラしてらんない」「子育てに香盤表なんてない」などの等身大メッセージに多くのママの共感を呼んだ。

第14回ペアレンティングアワード ママ部門より引用

先にご紹介した2名は、ママのキラキラした部分、育児の楽しい部分を前面に押し出しインフルエンサーとなりました。

反対に、ベッキーさんは子育ての大変さや泥臭い部分を、飾らない言葉であけすけに発信しています。

育児関連だけでなく何かと話題になってきたベッキーさんですが、今は等身大のママとしての姿が、多くの人々に共感を得ているようですね。

個人の情報発信がますます加速していく昨今、ママの心の叫びがリアルタイムで世界中を飛び回っています。

多くのママたちによって子育てのリアルがより広く発信されるようになったこと、

また女性が育児についてホンネを語りやすい世の中なったことを象徴する受賞となったのではないでしょうか。

いまアツい!最新育児グッズ

情報収集だけでなく、実際に使用するアイテムにも最新のトレンドを取り入れておきたいですよね。

便利だけどダサめ、可愛いけど実用性がない。そういうアイテムは案外多いものです。

しかし今のママのアイテムは、実用性とスタイリッシュさを兼ね備えていてこそ周りと差がつくというもの。

そんなママのニーズを満たす、最新の育児グッズをご紹介します!

PonBaby マザーズバッグ

引用元:PonBaby公式

子供を連れてのお出掛けは、必要な荷物がいっぱいですよね。

そんなママのお出掛けもスタイリッシュに可愛くまとめてくれるのがPonBabyのマザーズバッグ。

最新トレンドのファッションにもピッタリのオシャレなデザインに、必須のアイテムがしっかり入ります。

しかも哺乳瓶用のポケット2つや濡れてしまったタオルを収納するポケットなど、機能性もバツグン。

まさに可愛さと実用性を兼ね備え現代ママのニーズに応えたこのアイテムは、今年Amazonでベストセラーを獲得しました。

【Amazon】PonBabyマザーズバッグ ¥6,980税込

UNIQLO ベビーウェア

引用元:UNIQLO公式

妊活・出産・育児と幅広い分野で情報誌の発行やWeb媒体でも情報発信を行う「Babymo(ベビモ)」。

そのBabymoが発表する「グッズアワード」のベビー肌着部門で2022年、名だたるベビーウェアブランドを抑えUNIQLOが1位を獲得しました。

UNIQLOは近年ベビーウェアの開発に力を入れており、洗練されたデザインとリーズナブルな価格が人気を呼んでいます。

シンプルで着やすいものが多く、UNIQLOのブランドコンセプトもしっかりと再現。

親子UNIQLOコーデで、スタイリッシュにお出掛けしましょう!

Panasonic ベビーモニター

引用元:Panasonic公式

こちらも今年Amazonでベストセラーを獲得。

家の中のあらゆる場所に持ち運びできるモニターで、いつでも赤ちゃんの様子を見ることが出来ます。

安心の最新技術に加え、スタイリッシュなデザインでお部屋のインテリアを邪魔しません。

そして、このベビーモニターが特に活躍するのは第二子以降。

ただでさえ忙しいママが、上の子の面倒も見ながら赤ちゃんを近くで寝かせておくのは至難の業です。

そうした不安を解消してくれるのが最大の魅力の一つといえますね。

赤ちゃんの寝返りなどの動きを感知して知らせてくれるので、別室にいても家事や育児に安心して取り組めますよ。

【Amazon】PanasonicベビーモニターKX-HC705-W ¥16,632税込

まとめ

今後も、新しいアイテムやインフルエンサーが次々と出てくるでしょう。

しかし、新しいことが必ずしも良いとは限りませんし、何でもかんでも揃えていてはキリがありません。

あなたのライフスタイルに合わせて、適切な範囲でトレンドを楽しんで下さいね。

それに、今も昔も変わらず大切にされてきたことは、見失いたくないものです。

常に最先端を先取りしつつも、時代の波に流されず、育児を楽しむママは本当に素敵です。

最新のトレンドを味方につけて、快適な育児ライフを送りましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)