育児方法について

育児日記の新定番!無印良品のスケジュール帳で楽しく育児の記録をつけましょう

やなかゆう

実は今、ママたちの間で、無印良品のスケジュール帳を育児日記にすることが流行っているそうです。

無印良品の商品には、どんな特徴があるのでしょうか?

今回は、無印良品のスケジュール帳の魅力を紹介するとともに、楽しく育児日記をつけるコツをお伝えします。

ここがすごいぞ!無印良品のスケジュール帳が育児日記として人気なワケ

なぜ育児日記に無印良品のスケジュール帳を使うママが多いのでしょうか?

無印良品の商品の特徴から、理由を考えてみたいと思います。

バリエーションが豊か

無印良品のスケジュール帳は、サイズや枠線の違うさまざまな商品があります。

サイズは、A5・B5・A6・B6など種類が豊富です。

シンプルなノートタイプのものや、カバー付きで、上質紙をつかったものもありますよ。

中身の枠線もさまざまなので、どれくらいのボリュームで書きたいか、どんな記録をつけたいかによって選ぶことができます。

自分のライフスタイルや好みに合わせたものを選べることができるので嬉しいですね。

シンプルなデザイン

育児日記が続かない理由のひとつに、書かなければいけない項目が多すぎて、記録をすることがストレスになることがあげられると思います。

身長と体重、排便の回数など、もちろん分かっていたほうがいいけれど、空白を埋めなくてはとプレッシャーに感じることもありますよね。

その点無印良品のスケジュール帳は、シンプルなデザインで自由度が高いです。

「書きたいときに、書きたいことだけ書けばよい」という安心感がありますね。

飽きがこないデザインなので長く使うことができますし、自分好みに可愛くデコレーションなどができることも魅力です。

持ち運びがしやすい

無印良品のスケジュール帳は、厚すぎず薄すぎず、持ち運びにも便利です。

旅行や帰省先にも手軽に持っていくことができ、無理せず日記を続けることに役立ちますね。

値段が安い

一般的な育児日記帳は1,000円以上するものが多いです。

おしゃれなハードカバーの日記帳もたくさん販売されていますが、値段が高いと購入するか悩んでしまいますよね。

無印良品のスケジュール帳は、なんと100円程度から購入することができます。

育児日記をつけてみたいけれど続ける自信がない場合も、気軽な気持ちではじめることができますね。

育児日記にピッタリ!おすすめの無印良品の商品を紹介します

上質紙1日1ページノート文庫本サイズ(消費税込み590円)

上質紙1日1ページノート文庫本サイズ

日付を書く欄があるだけの、とてもシンプルなノートです。

1ページをゆったりと使うことができるので

  • 自分好みに日記をデコレーションしたい
  • たくさん書きたいことがあるので、1ページを広く使いたい
  • 育児日記を綺麗に書いて、いつか子どもにプレゼントしたい

など、育児日記を楽しみたい場合にオススメの商品です。

日付は自分で記入するので、いつからでも始めることができますよ。

フラット製本(ノートを開いたときに平らになる)で仕上げられているので、字が書きやすいです。

紙質は少し厚みのある上質な紙で作られていて、書いていると優雅な気持ちになれますよ。

何行書いてもいいし、書かない日があってもいい、そんな優しいメッセージが伝わってくる素敵なノートです。

また、透明なカバーがついているの持ち運びにも便利ですね。

赤ちゃんが育児日記に触れる場合もあると思うので、カバーがついていると安心ですよ。

ノート・ウィークリーA5・32枚(消費税込み100円)

ノート・ウィークリーA5・32枚

自分で一週間分の日付を書き込んで、いつからでも使い始められるフリータイプのスケジュール帳です。

  • 書きたいときに一言だけ書きたい
  • 育児日記を続けることに自信がない
  • リーズナブルな商品を使いたい
という場合にオススメですよ。

こちらのノートは一回の記入欄が小さいので、毎日続けやすいと思います。

また、100円という安さで始めやすく、プレッシャーが少ないのではないでしょうか。

左側は一週間分の記録ができ、右側はフリースペースになっているので、自由に使うことができます。

私のママ友のAさんも、なかなか育児日記が続かないと悩んでいました。

こちらのスケジュール帳は記入欄がちょうどよい大きさなので、無理なく続けることができているそうです。

ノートタイプの薄いスケジュール帳なので、いつもカバンの中に入れておいて、ちょっとした隙間時間に書いているそうですよ。

上質紙フリースケジュールノートA6・15か月・65週間(消費税込み490円)

上質紙フリースケジュールノートA6・15か月・65週間

マンスリー・ウィークリーのスケジュール表と、フリースペースのついたスケジュール帳です。

  • 育児日記と合わせて、スケジュールの管理をしたい
  • 一週間・一か月の出来事をわかりやすく整理したい

という場合にオススメです。

細かくスケジュール管理ができるので、お仕事をされているママにも使いやすいと思います。

手帳としてお子さんの予防接種などの予定を書き込むことと合わせて、自由に育児日記をつけることができますね。

こちらのスケジュール帳も、開いたときに平らになるよう製本されているので、書きやすさが魅力ですよ。

上質紙バーチカルスケジュールノート(消費税込み990円)

上質紙バーチカルスケジュールノート

1日の時間軸が、縦に細かく枠線で区切られているノートです。

  • 1日の出来事を、時間単位で記録したい
  • オムツ替え・授乳時間・排泄回数などを記録したい

という場合にオススメです。

ママと赤ちゃんの1日の生活リズムを、わかりやすく記録することができますよ。

特に赤ちゃんが小さい時期は、どのくらいの間隔で授乳しているかな?昨日はウンチが出たっけ?など、気になることも多いと思います。

毎日の生活記録が体調管理にも役立つので、育児にちょっと不安のある、新米ママにも使いやすいですよ。

無印良品のスケジュール帳を楽しくつけるアイディアと工夫

忙しい毎日の中で書く育児日記を、せっかくなら楽しく続けたいですよね。

シンプルな無印良品のスケジュール帳は、アイディアと工夫次第で楽しくつけることができますよ。

すぐに真似できるアイディアと工夫を紹介しますね。

自分好みにデコレーションをする

モチベーションがあがるように、ノートを自分好みにデコレーションしてみましょう。

  • イラストを描く
  • シールやマスキングテープを貼る
  • カラーペンを使い、カラフルに書く
  • お子さんや家族の写真を貼る
  • お出かけ先のチケットや地図を貼る
  • お子さんの描いた絵を貼る

など、無印良品のスケジュール帳はどれもとてもシンプルなので、可能性は無限大です。

素敵にデコレーションして、世界に一つだけの素敵な育児日記を作ってみてくださいね。

マイペースにつける

育児日記をつけ始めたからと言って、毎日書かなければいけないことはありません。

忙しくて書けなかった日もあれば、何も書くことがなかったなんて日もあるでしょう。

そんな日は、無理して書かなくてもいいんです。

無印良品のスケジュール帳は日付などがフリーになっているものが多いので、書きたい日だけ書けば大丈夫です。

記入しなければいけない項目もないので、自分が記録に残したいことだけを書くことができます。

無理をしないことが、長く育児日記を続けるポイントですよ。

たまに読み返してみる

育児日記をつけていると、記録が面倒になって、もうやめたいなと思うことがあるかもしれません。

そんなときは、今までつけた育児日記を読み返してみましょう。

無印良品のスケジュール帳は自由につけることができるので、その分書いたときの思いや精神状態が、記録に表れやすいと思います。

(あの時は大変だったな)、(いつの間にか、うちの子こんなに大きくなったんだ)と、お子さんの成長と自分自身の頑張りにきっとハッとすることでしょう。

育児日記はお子さんの成長記録であると同時に、ママの成長記録でもあります。

疲れたときはたまに読み返して、自分をいっぱい褒めてあげてくださいね。

思い切って育児日記をやめてみる

育児日記をつけることが負担になると感じたら、無理せずやめてみるのも一つです。

また、育児日記が自分に合っていない場合もあるので、成長記録アプリや、別のタイプの日記帳に変えてみるのもいいですね。

無印良品のスケジュール帳はリーズナブルなので、やめることへの抵抗も少ないと思います。

こちらの記事に、アプリや日記帳の選び方についてまとめましたので、参考にしてみてください。

育児記録を残す目的は?忙しい育児中はアプリに記録で負担軽減!!

忙しくて育児日記どころじゃない!?楽しく続く日記帳を選ぶおすすめポイント3選

まとめ

子どもの成長を書き留めた育児日記は、きっとママとお子さんにとってかけがえのない宝物になることでしょう。

いつか親子で読み返したときに、お子さんはママの愛情をたくさん感じられることと思います。

もっと自由に、もっとシンプルに。

育児も育児日記も、肩を張らずに自然体でいいんです。

毎日の育児が楽しくなるエッセンスとして、無印良品のスケジュール帳で育児日記を楽しんでつけてみてくださいね。

 

記事URLをコピーしました